ホーム > 絵本・児童書 > 紙芝居 > 紙芝居 水仙月の四日(全2巻)

紙芝居

名作文学紙芝居
紙芝居 水仙月の四日(全2巻)
名作文学紙芝居紙芝居 水仙月の四日(全2巻)

その他の画像 [1] [2] [3]
宮沢賢治/原作
諸橋精光/脚本・画


『水仙月の四日』は、恐ろしい雪婆んごが雪童子や雪狼をけしかけて猛烈な吹雪をおこさせる日です。そんな日、家路を急ぐ子どもに猛烈な吹雪が襲いかかりますが…。自然の猛威を雪の精たちに仮託して、北国の厳しい冬とそこに住む人々の春への憧憬を描いた宮沢賢治の名作です。
子どもだけでなく、大人にも見応えのある紙芝居に仕上がりました。

分売不可

【著作者プロフィール】
■諸橋精光(もろはし・せいこう)/1954年新潟県生まれ。創形美術学校造形科、大正大学仏教学部仏教学科卒業。大学卒業後、仏教説話を中心とした施本、超大型紙芝居の制作を始める。1993年紙芝居「なめとこ山のくま」で高橋五山賞を受賞、1997年絵本「はしれ! チビ電」が全国読書感想画コンクール課題図書に選ばれる。2001年正力松太郎賞奨励賞受賞。真言宗豊山派千蔵院副住職。


税込価格 5,400円
(本体価格5,000円 消費税400円)
シリーズ 紙芝居
ISBN(13桁) 9784790261124
ISBN(10桁) 4790261123
NDC 913
JANコード
商品番号 007640
判型 縦26.5×横38.2cm
対象年齢 幼児~小学校中学年
体裁 各巻タトウ入り
ページ数 各16場面
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2011年1月
備考 2011年4月2日、「読売新聞 夕刊」で紹介されました。
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 5,400円 (本体価格5,000円 消費税400円)
注文冊数