ホーム > 絵本・児童書 > 海外児童文学シリーズ > モンスーンの贈りもの

海外児童文学シリーズ

モンスーンの贈りもの
モンスーンの贈りもの


レビューを見る 絵本の紹介を見る
(協力 EhonNavi)
ミタリ・パーキンス/作
永瀬比奈/訳


インド生まれの母とアメリカ人の父をもつカリフォルニアの15歳の少女ジャズ。母が育った孤児院のあるインドのプネで、一家はひと夏をすごすことに。初めてのインドは、カリフォルニアとは気候も文化も生活習慣も大きく異なり、身近に貧困があふれ、ジャズはショックを受けていた。
信じていた人に裏切られるという過去の苦い経験のせいで、ジャズの心はちぢこまっていた。遠い異国の地で、あるきっかけによりとうとう心を開いたジャズは、自分自身の生き方、家族それぞれの生き方、自分が人にできることはなにか、そんなことを真剣に考えはじめ、行動に移す。
幼なじみのスティーブとの恋の行方や、インドで友だちになったダニタの人生の行方など、ドキドキさせる巧みな展開は、ラストまで読者を飽きさせない。15歳という、瑞々しいきらきらした早春のときを感性豊かな文章が活き活きと綴る秀作。

【著作者プロフィール】
■Mitali Perkins(ミタリ・パーキンス)/アメリカ合衆国の児童文学作家。インド、コルカタに生まれ、アメリカ合衆国に、両親、姉妹と共に移住。幼いころから、バングラデシュ、カメルーン、ガーナ、インド、メキシコ、タイ、イギリス、オーストリアなど世界のあちこちに住んだ経験から、異文化への架け橋となる児童書の執筆をつづけている。邦訳されている作品に、『リキシャ★ガール』(鈴木出版)がある。
■永瀬比奈(ながせ ひな)/上智大学外国語学部英語学科卒業。航空会社勤務の後、渡米。帰国後、児童書の翻訳にとりくむ。主な訳書に『リキシャ★ガール』(鈴木出版)、『もういちど家族になる日まで』、『アンナのうちはいつもにぎやか』、『シャングリラをあとにして』(いずれも徳間書店)、『ホリー・クロースの冒険』、『ペネロピ』(共に早川書房)がある。紙芝居文化の会運営委員。
ミタリ・パーキンス先生のホームページ(英語)


税込価格 1,728円
(本体価格1,600円 消費税128円)
シリーズ 児童文学シリーズ [29]
ISBN(13桁) 9784790233176
ISBN(10桁) 4790233170
NDC 933
JANコード
商品番号 006572
判型 四六判変型 縦18.8×横13.0cm(表紙縦19.4×横13.6cm)
対象年齢 小学校高学年~
体裁 上製
ページ数 318ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2016年6月
備考 2016年7月11日、「モルゲン 7・8月号」の読者座談会で紹介されました。
2016年8月15日、「教育家庭新聞」で紹介されました。
2016年9月10日、「しんぶん赤旗」で紹介されました。
2017年1月28日、「読売新聞 夕刊」で紹介されました。
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 1,728円 (本体価格1,600円 消費税128円)
注文冊数