ホーム > 絵本・児童書 > 海外児童文学シリーズ > 雨あがりのメデジン

海外児童文学シリーズ

やっぱりここは世界でいちばんいい場所だ
雨あがりのメデジン
やっぱりここは世界でいちばんいい場所だ雨あがりのメデジン


レビューを見る 絵本の紹介を見る
(協力 EhonNavi)

■ネット書店はこちらから■ Amazonで見る
楽天ブックスで見る
アルフレッド・ゴメス=セルダ/作
宇野和美/訳
鴨下 潤/挿画


数か月前、カミーロとアンドレスが住むバリオ(地区)に世界的な図書館ができ、貧しいバリオでのくらしも変わりはじめます。小学校に通わなくなくなり、「酒を買ってこい。金は自分で何とかしろ」と、父親に毎日のようにどなられているカミーロは、せっかく図書館ができても、本に興味などありませんでした。「あーあ。本なんて、何の役にも立たない」と言っていたカミーロの未来は、図書館の扉をあけて、図書館員のマールさんと出会うことで変わるのでしょうか。

スペイン屈指の児童文学作家が、南アメリカ、コロンビアのメデジンで今日を生きぬく10歳の少年たちの姿をえがいた、雨あがりの物語。

【著作者プロフィール】
■Alfredo Gómez Cerdá ( アルフレッド・ゴメス=セルダ)/1951年スペイン、マドリード生まれ。1970年代から劇や映画の脚本を手がけるが、その後児童文学と運命的な出会いをし、1983年にデビュー作を発表以来、執筆のみならず、読者とのさまざまな交流等の活動を精力的におこなっている。幼い読者からYAまで、全年齢層を対象に100点以上の作品を出版。2009年に、スペインの児童文学界で最も権威ある賞である、国民児童文学賞を本書で受賞など、受賞多数。本作はこの秋、メデジンでミュージカルにもなった。
■宇野和美(うの・かずみ)/大阪府生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。出版社勤務を経て、翻訳家として活躍中。武蔵野大学講師。主な訳書に、『フォスターさんの郵便配達』(偕成社)、『エロイーサと虫たち』(さ・え・ら書房)、『アドリア海の奇跡』、『ベラスケスの十字の謎』(共に徳間書店)、『ピトゥスの動物園』、『ティナの明日』(共にあすなろ書房)など多数。


税込価格 1,512円
(本体価格1,400円 消費税112円)

シリーズ 児童文学シリーズ [21]
ISBN(13桁) 9784790232506
ISBN(10桁) 4790232506
NDC 963
JANコード
商品番号 006557
判型 四六判変型(縦18.8×横13.0cm)(表紙縦19.4×横13.6cm)
対象年齢 中学生~一般
体裁 上製
ページ数 174ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2011年12月
備考 2012年2月5日、「山梨日日新聞」で紹介されました。
2012年2月5日、「新潟新聞」で紹介されました。
2012年2月5日、「静岡新聞」で紹介されました。
2012年2月8日、が「モルゲン 2月号」(遊行社)で紹介されました。
2012年3月8日、「小学図書館ニュース 第935号付録」(少年写真新聞社)で紹介されました。
2012年3月24日、「しんぶん赤旗」(日本共産党中央委員会)で紹介されました。
2012年4月22日、「河北新報」で紹介されました。
2012年6月1日、「子どもの本棚 6月号」(日本子どもの本研究会)で紹介されました。
2012年7月3日、「第45回 夏休みの本(緑陰図書) 小学校中学年」に選定されました。
2012年8月1日、「子どもの本棚 8月号」(日本子どもの本研究会)で紹介されました。
2012年8月1日、「毎日新聞」のコラム「火論」で紹介されました。
2012年9月11日、平成24年度茨城県推奨図書の小学校高学年向けに選定されました。
2012年9月19日、平成24年度茨城県推奨図書の小学校高学年向けに選定されました。
2013年11月12日、「2013年度 進研ゼミおすすめ本1000冊 小学5年生」に選ばれました。
各種選定受賞歴 2012年「第45回緑陰図書選定 小学校中学年の部」課題図書選定
既翻訳国
税込価格 1,512円 (本体価格1,400円 消費税112円)
注文冊数