ホーム > 絵本・児童書 > 海外児童文学シリーズ > きっと天使だよ

海外児童文学シリーズ

きっと天使だよ
きっと天使だよ



■ネット書店はこちらから■ Amazonで見る
楽天ブックスで見る
ミーノ・ミラーニ/作
関口英子/訳
YUJI/絵


内戦の続くアフリカ。そこに、ひとりのイタリア人が住みつく。心に暗い影を持つ男は、内戦に巻き込まれ、戦争孤児になった少年と出会う。男は、少年と暮らしながら、次々と孤児になった子どもたちを迎え入れ始めた。そこだけが平和だった彼の家にも、とうとう戦争の足音が忍び寄ってきた。彼らは生き残ることができるのだろうか…。 戦争が生み出す不条理な悲しみと苦しみを、ドラマティックな展開とむだのない文章で描きあげた物語。

【著作者プロフィール】
■Mino Milani(ミーノ・ミラーニ)/1928年、イタリア・パヴィア生まれ。歴史学者であり、随筆家でもある。ジャーナリストとして、日刊紙や雑誌に記事を発表するかたわら、50年以上にわたって創作活動を続け、児童書を中心に数多くの作品を発表している。本書は、イタリアで《チエント賞》、《リブリ・インフィニーティ賞》など、3つの賞を受賞し、高く評価されている。
■関口英子(せきぐち・えいこ)/埼玉県生まれ。大阪外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳家。現在はイタリアの児童文学を積極的に紹介している。主な訳書に、『ジョットという名の少年』(西村書店)、『ぼく、ママのおなかにいたいの…』(くもん出版)、『ムッソリーニの毒ガス』(共訳、大月書店)などがある。
■YUJI(ゆうじ)/1955年、三重県生まれ。愛知県立芸術大学油絵科卒業後、1979年よりパリの国立高等美術学校に学び、ヨーロッパを中心に活躍。現在は、パリ、日本で創作活動を続ける。童話のさし絵に『菜の子先生がやってきた!』、『菜の子先生は大いそがし!』(共に福音館書店)、絵本の絵に『さんすうえほん(1・2・3)』(ブックローン出版)、『ねむりオニ』(ひかりのくに)、『絵本 白い犬とワルツを

【セット名】
鈴木出版の児童文学 いのちの森 第2期
税込価格 1,512円
(本体価格1,400円 消費税112円)
シリーズ 児童文学シリーズ [8]
ISBN(13桁) 9784790231660
ISBN(10桁) 4790231666
NDC 973
JANコード
商品番号 006509
判型 A5判(縦21.0×横14.8cm)
表紙(横15.4×縦21.6cm)
対象年齢 小学校高学年~中学生向き
体裁 上製
ページ数 224ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2006年3月
備考
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 1,512円 (本体価格1,400円 消費税112円)
注文冊数