ホーム > 絵本・児童書 > ひまわりえほんシリーズ > いたいの いたいの とんでゆけ

ひまわりえほんシリーズ

いたいの いたいの とんでゆけ
いたいの いたいの とんでゆけ


レビューを見る 絵本の紹介を見る
(協力 EhonNavi)
新井悦子/作
野村たかあき/絵


鬼が出てくるおはなしに絵をつける…と考えたとき、野村先生の顔が浮かびました。鬼って怖いイメージがありますが、野村先生の版画の鬼は、あったかくて親しみやすく、表情のひとつひとつがとても魅力的です。なので、原画を受け取りに行く群馬までの道のりは、長かったけれどとても楽しみでした。工房は木の匂いがしていて、その場がそのまま展示室になりそうな趣のある場所です。気になったのが、木を削って作ってあった腰のばし丸太。背中を丸めながら版画を削っていると疲れるのだとか。おそるおそる「私も試していいですか?」と聞くと、「いいよ、座ってごらん」と言ってくださいました。使ってみると、ちょっと痛いけど気持ちよかったです。職人になった気分の担当者でした。

【著作者プロフィール】
■新井悦子(あらい・えつこ)/『春ぬすっと』で第20回ニッサン童話と絵本のグランプリ童話部門佳作、『春ちょきん』で第22回アンデルセンのメルヘン大賞優秀賞を受賞。主な絵本に『きょうはとくべつなひ』(教育画劇)がある。
■野村たかあき(のむら・たかあき)/群馬県生まれ。木彫・木版画工房「でくの房」を主宰。『ばあちゃんのえんがわ』(講談社)で第5回講談社絵本新人賞、『おじいちゃんのまち』(講談社)で第13回絵本にっぽん賞を受賞。その他『しにがみさん』『かえるのどびん』(教育画劇)などがある。


税込価格 1,296円
(本体価格1,200円 消費税96円)
シリーズ ひまわりえほんシリーズ
ISBN(13桁) 9784790252351
ISBN(10桁) 4790252353
NDC 913
JANコード
商品番号 005408
判型 縦25.7×横21.0cm(表紙縦26.3×横21.3cm)
対象年齢 4~5歳児
体裁 上製
ページ数 28ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2012年1月
備考 2012年2月9日、、MBSラジオ(近畿地方)の番組「こんちはコンちゃんお昼ですょ!」内の「朗読の時間(15:40頃~ 15分程度)」コーナーで紹介されました。
2012年2月14日、「北羽新報」で紹介されました。
2012年2月25日、STVラジオ(北海道地方)の番組「日高悟郎ショー」(8:00~17:00)内の「絵本365日コーナー(11:20頃~ 10分程度)」で朗読されました。
2012年2月28日、「福井新聞」で紹介されました。
2012年2月14日、「北羽新報」で紹介されました。
2012年3月19日、「さぴあ 4月号」(サビックス小学部)で紹介されました。
2012年6月1日、「灯台 6月号」(第三文明社)で紹介されました。
2012年7月10日、「ベルマーク新聞」(ベルマーク教育助成財団)で紹介されました。
2015年3月10日、3月9日(前編)と10日(後編)の両日TOKYO FMの番組「アポロン」内の「よ・み・き・か・せ」コーナー(14:35? 約10分)で朗読されました。【読み手:毬谷友子】
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 1,296円 (本体価格1,200円 消費税96円)
注文冊数