仏教トップ > 仏教 > 教化用品 > 新・仏教説話紙芝居

教化用品

新・仏教説話紙芝居
新・仏教説話紙芝居


(公益社団法人)日本仏教保育協会/監修
西本鶏介/脚本
小野かおる本信公久渡辺さもじろう諸橋精光水野ぷりん/画


好評「仏教説話紙芝居」の第二弾。仏教保育の要である徳目を、子どもたちがより身近に感じられるよう、仏教説話の中からジャータカ物語を中心に魅力あるお話しを厳選し、紙芝居にしました。短くわかりやすい話から読み応えのあるものまで、5人の画家を起用し、バリエーション豊かなラインナップにいたしました。
くろうしのおんがえし
西本鶏介/脚本・小野かおる/画
10場面
おばあさんにわが子のように大切に育てもらった黒牛は、いつかおばあさんに恩返しをしたいと考えています。ある日のこと、村にたくさんの荷車をつらねた商人がやってきて…。
きんのおちゃわん
西本鶏介/脚本・本信公久/画
12場面
おばあさんとむすめが貧しい家に暮らしていました。欲張りな商人は、この家にあった高価な金のおちゃわんを手に入れようと画策します。いっぽう、正直な商人は…。
おかあさんおもいのぞう
西本鶏介/脚本・渡辺さもじろう/画
14場面
ヒマラヤのふもとに、賢く美しい白象とその母象が暮らしていました。ある日、白象は母象と引き離され、城へ連れて行かれてしまいます。母を想い続ける白象に心を打たれた王さまは…。
へんじをしたほらあな
西本鶏介/脚本・諸橋精光/画
8場面
おなかをすかせたライオンが、山犬のほら穴を見つけましたが、なかはからっぽ。ライオンはほら穴の中で待つことにします。やがて山犬が帰ってくると…。
うずらとりめいじんとうずら
西本鶏介/脚本・水野ぷりん/画
12場面
森の近くに住むうずらとりの名人は、毎日たくさんのうずらを捕まえて、町で売って暮らしていました。ある日、一羽のかしこいうずらが、これ以上捕まらないように考え出した秘策は…。


(公社)日本仏教保育協会のホームページ

全5巻

税込価格 21,600円
(本体価格20,000円 消費税1,600円)
シリーズ 新・仏教説話紙芝居
ISBN(13桁)
ISBN(10桁)
NDC 913
JANコード
商品番号 840121
判型 縦26.5×横38.2cm
対象年齢 幼児~小学校中学年
体裁 セットケース入り・解説書付き
ページ数 各8~14場面
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2007年3月
備考 分売不可
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 21,600円 (本体価格20,000円 消費税1,600円)
注文冊数